湯の峰温泉【白浜・田辺】

小栗判官伝説が残る、1日7回色が変わる世界遺産のお風呂『つぼ湯』

湯の峰温泉

川湯温泉、渡瀬温泉と共に、熊野本宮温泉郷のひとつとして数えられる湯の峰温泉は、昔ながらの情緒の残る温泉旅館街です。その中央に位置する 日本最古の共同浴場と言われる『つぼ湯』は、1日に7回も湯の色が変化するとされ、世界遺産登録された温泉浴場です。その昔、小栗判官がこの湯に浸かり死の淵から息を吹き返したという伝説が有名。天然の岩をくり抜いた風呂を板で囲っただけの施設で、2、3人が入るのがやっとの広さですが、近くには90℃近い温泉が湧き出る「湯筒」があり、卵や野菜を入れて茹であがるのを楽しむ観光客が多く訪れます。また、くみとり場では温泉水を持ち帰ることもできます。つぼ湯は30分交替制です。

湯の峰温泉
湯の峰温泉
湯の峰温泉
湯の峰温泉
湯の峰温泉

温泉くみとり所

湯の峰温泉

温泉卵

湯の峰温泉

つぼ湯

インフォメーション

名称 湯の峰温泉
フリガナ ユノミネオンセン
住所 和歌山県田辺市本宮町湯の峰110
営業時間 つぼ湯 6:00~21:30 公衆浴場 6:00~22:00
料金 つぼ湯(大人750円、12歳未満450円)

地図

【阪和自動車道南紀田辺ICより車で約1時間40分】 【JRきのくに線新宮駅より車で約1時間10分】

TICWAKAYAMA 和歌山旅案内所 TEL:073-422-0048

旅レポ一覧

旅レポはまだ投稿されていません。