【終了】京都伏見稲荷と宇治平等院を巡る~船から楽しむ鵜飼


人気の観光地として有名な、京都・伏見稲荷から、抹茶の名産地・宇治の平等院(鳳凰堂)を巡ります。夜には、"鵜飼"観賞を楽しんでもらいます!夏の素晴らしい思い出作りをしてみませんか。

 

 


こちらのツアーは終了いたしました。ありがとうございました。

ツアーポイント

~伏見稲荷大社について~

全国に30,000社あるといわれ、全国各地で老若男女を問わず親しまれています。その総本宮が伏見稲荷大社。
稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和銅4年(711)2月初午の日のこと。その日から数えて、平成23年(2011)に御鎮座1300年を迎えました。

なぜ伏見稲荷大社には鳥居がたくさんあるのかと疑問に思った人は少なくはないと思います。
その理由は、願い事が「通るように」或いは「通った」祈願と感謝の意味から、鳥居を奉納する信仰がすでに江戸時代に広がった結果です。現在は大小約1万基の鳥居がお山の参道全体に並んで建っています。

(伏見稲荷大社HP参照) 写真:(C)@cbishop_photography/Instagram

~宇治・平等院鳳凰堂~

永承7年(1052)、時の関白藤原頼通が、父 道長より譲り受けた別業を仏寺に改め、平等院としました。
その翌年の天喜元年(1053)には阿弥陀堂(鳳凰堂)が落慶し、堂内には、平安時代の最高の仏師定朝によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置され、
華やかさを極めたとされています。約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ、世界遺産にも登録されております。

 

(平等院公式HP参照) 写真:(C)@youpv/Instagram

~宇治・鵜飼について~

鵜飼(うかい)とは、鵜(ウ)鵜匠(ウショウ)の見事な技法でアユなどを獲る漁法のひとつです。現在では漁法としてではなく、パフォーマンスとして行われることが多いです。また歴史は古く、「日本書紀」や「古事記」にも記載されています。
宇治では3人の鵜匠がいらっしゃり、内2人は女性です。鵜匠と鵜のコンビネーションは美しく、観る人を魅了させます。宇治川には現在6羽の鵜がおり、シーズンの夏以外にも鵜匠がお世話しています。

(宇治市HP参照) 写真:(C) 宇治市

基本情報(プラン概要)

出発日

2017年8月12日(土)

所要時間 約12時間
コース内容 南海和歌山市駅(10:00)== ダイワロイネットホテル(10:15)== JR和歌山駅(10:30)== 美ね寅にて昼食(12:00)== 伏見稲荷大社(13:50)== 平等院 鳳凰堂(16:00)・・ 貴撰茶屋にて夕食(17:45~)・・鵜飼鑑賞(18:30~20:00)== 南海和歌山市駅(22:00)== ダイワロイネットホテル(22:15)== JR和歌山駅(22:30)
料金 15,800円
料金に含まれるもの 拝観料、乗船料、昼食代、夕食代
最小催行人数 30名
集合場所 ①南海和歌山市駅 ②ダイワロイネットホテル和歌山 ③JR和歌山駅東口
お支払い方法 カード払い/お振込み
取消料 3日前30% 前日40% 当日50% 旅行開始後無連絡不参加100%
取消・変更後の返金について ご返金は、お客様の指定銀行口座に返金(振込)させていただきます。 お客様都合により返金(振込)する場合は、旅行代金から振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。 (※振込手数料はお客様のご負担となります。予めご了承くださいますようお願い致します。) クレジットカードでご予約された場合は、クレジットカード会社からの返金となります。
注意事項

ダムの放水や雨天での川の増水により鵜飼が中止となる場合がございます。その際は申し訳ございませんが、バスでの夕食となります。また代金につきましては、鵜飼観賞の際の乗船料のみご返金させていただきます。あらかじめご了承ください。

 

■集合前と解散後の交通費および個人的諸費用などは金額に含まれておりません。
■交通状況等により出発・到着予定時間が異なる場合がございます。
■座席の指定は承ることができません。弊社にご一任いただいておりますので、ご了承の上、お申し込みください。
■添乗員が同行いたします。

その他

旅行条件書をご確認ください(PDF)

TICWAKAYAMA 和歌山旅案内所 TEL:073-422-0048

旅レポ一覧

旅レポはまだ投稿されていません。